ざっくり雑記

ざっくりとした雑記です

不死細胞ヒーラ ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生

 

 現代社会に生きるほとんど全ての人間がその恩恵に浴す、数多くの医療技術の発展に尋常でない貢献を果たし、今後も医学の発展に欠かせぬ存在として永遠に生き続けるであろう女性、ヘンリエッタ・ラックスにまつわる、その功績に反してなおざりにされてきた数多くのエピソードを克明に綴る医学ドキュメンタリー。

 

 1920年アメリヴァージニア州ロアノークで生まれたヘンリエッタ・ラックスは2020年の現代でも生きており、100歳を超えているにも関わらず、一向に死ぬ気配はなく、物騒な仮定だが、地球を焼き尽くし人類を絶滅させでもしない限り殺すこともできない。

 

「生きている」ことの定義が、ヘンリエッタ・ラックスを構成する細胞が増殖し続けていることを意味するなら。

 

 記録上、1951年10月4日午前0時15分にヘンリエッタ・ラックスは亡くなった。

 

 死因は子宮頸癌に端を発する全身に転移した癌が引き起こした尿毒症だった。

 

 享年は31歳。

 

 しかし、その8ヵ月前の2月5日に採取された初期の子宮頸癌細胞は今なお世界中の病院や研究室、あるいは専門の工場で盛んに増殖・培養されている。

 

 通常、体から切り離した人間の細胞を長時間生かすのは難しく、人為的な増殖はそれに輪をかけた至難の業だった。

 

 だが、ヘンリエッタ・ラックスの子宮頸癌細胞はその常識をあざ笑うかの如く並外れた生命力を発揮し、整った環境に置かれると、彼女の正常細胞のおよそ20倍という「雑草みたい」なすさまじい勢力で増殖し始めたのだ。

 

 しかも、正常なヒト細胞の分裂にはヘイフリック限界と呼ばれる回数の限度、要するに寿命があるが、ヘンリエッタ・ラックスの子宮頸癌細胞は際限なく分裂し、適切な栄養さえ供給されれば延々と増殖し続ける。

 

 つまり、不死なのだ。

 

 医学を含む広範な生体科学一般における、無限に増殖し続ける不死化したヒト細胞の利用価値は計り知れない。

 

 癌細胞は正常なヒト細胞ではないが、それでもなお正常なヒト細胞の特徴を多く有しており、これ以上なく有益な実験材料となる。

 

 しかもそれが安価に安定して大量に供給される状況は、医学の発展にロケットエンジンを積んだような推進力をもたらした。

 

 この不死化したヘンリエッタ・ラックスの子宮頸癌細胞は、当時細胞の増殖を手掛けた医師ジョージ・ガイの研究室の慣習に則り、ドナーの姓名の頭文字をとってHeLa(ヒーラ)細胞と名付けられ、現在もその名で流通している。

 

 ヒーラ細胞が果たした科学的功績は多岐に渡り、その貢献度も並大抵ではない。

 

 ざっと挙げるだけでもポリオワクチンの開発、化学療法、クローン作製、遺伝子マッピング体外受精等々、枚挙にいとまがなく、本書の印刷時にあたる2009年時点でも、ヒーラ細胞に関する研究論文の数は60000編を超え、なおも毎月300編の割合で増え続けているというから、医学界における尋常ならざるプレゼンスがうかがえる。

 

 人類の医療水準ひいては科学水準を数段引き上げたといっても過言ではない貢献を果たしたヘンリエッタ・ラックスだが、培養され研究に供される5000万t超とも言われるヒーラ細胞の総量と世界中を覆いつくさんばかりに広がる分布とは不釣り合いに、ヘンリエッタ・ラックス個人の情報はほとんど世間に出回ることはなく、近年になるまで、その偉大な功績に何らかの名声や栄誉が与えられらる気配すらなかった。

 

 また、ヒーラ細胞の培養と供給は一大産業となり、多くの個人や企業が巨富を得たが、その大本を提供したヘンリエッタ・ラックスの遺族には一セントも還付されず、貧困と荒んだ家庭環境に呻吟している。

 

 皮肉にも、ヘンリエッタ・ラックスの遺族は数多くの健康上の問題を抱えているにもかかわらず、高額な医療費が賄えないばかりに、ヒーラ細胞無しには有り得なかった先進の医療技術の恩恵を十分に受けられない状況にある。

 

 だが何よりも家族を傷つけ動揺させたのは、ヒーラ細胞のドナーがヘンリエッタ・ラックスという一人の黒人女性であることを、遺族はおろか、当の研究者や医療の受益者である世間もまったく知らなかったことだった。

 

 遺族の預かり知らぬところでヒーラ細胞が培養され売買され世界中に配布され、研究者によってウィルスに感染させられたりすり潰されたりマウスの細胞と混ぜられたり核爆発に曝されたり宇宙に飛ばされたりして、その徹底的な濫用の成果によって大勢の人命が救われたというのに、誰一人としてヒーラ細胞のドナーであるヘンリエッタ・ラックスに感謝を捧げるどころか認知すらしていないのだ。

 

 ヘンリエッタ・ラックスが無名なまま、偉大な貢献と関連付けられず正当に評価されなかった要因は、広範な領域にまたがり複雑に入り組んで一概に整理できないが、一つには時代背景がある。

 

 ヘンリエッタ・ラックスの細胞が採取された時代は、患者のプライバシーやインフォームドコンセント、遺伝子情報や体組織の所有権やその大規模な商業利用といった概念は誰にとっても馴染みが薄く、患者から採取した血液や病変組織の取り扱いやその後の処分について、いちいち詳細を患者や家族に説明したり承諾を取り付けたりする法的義務はもちろん慣習も意識もなかった。

 

 患者の権利が神経質なまでに尊重され、医療従事者側がクレームや訴訟に怯え戦々恐々とする現代の医療事情からすると、本書で指摘される当時の医師の無神経さや無頓着さ、お粗末な道徳規範や傲慢なエリート意識は隔世の感がある。

 

 また、ヘンリエッタ・ラックスが黒人であり、当時全盛にあった人種差別の渦中にあったことも要因としては無視できない。

 

 事実、黒人は劣悪な医療環境に置かれた上に、軽々に消費できる人命として、数多くの非倫理的人体実験の犠牲になった。

 

  タスキギー梅毒実験はその最悪の例の一つで、梅毒の進行過程を研究するために、数百人もの梅毒患者の黒人がすでに有効性が証明されていたペニシリンの投薬などの治療を受けずに、1930年代から40年に渡り梅毒に冒されるがままに放置されたという。

 

 ヘンリエッタ・ラックスの一族も、こういった冷遇の被害に遭っている。

 

  ヘンリエッタ・ラックスの長女は知的障害があったとみられ、貧窮する家庭での在宅生活が限界を迎え、クラウンズヴィルの黒人専門の精神病院への入院を余儀なくされたが、そこでもタスキギー同様に黒人入院患者を対象とした危険な人体実験が実施されていた記録が残っており、夭折した彼女の長女の死に少なからぬ影響を与えた可能性が示唆される。

 

 ヒーラ細胞の特殊な性質と関係者たちの懸命な努力が医学を大きく発展させ多くの人命を救い、大幅な健康増進に寄与したのは紛れもない事実だが、一方で、若死したヘンリエッタ・ラックスが深く愛し真に守りたかった遺族は、ヒーラ細胞が無尽蔵に産出する莫大な利益から隔離され窮乏に喘ぎながら、未熟な医療倫理と自制を欠く市場原理に無神経にも傷つけられ捨て置かれるという、不憫な境遇から抜け出せずにいる。

 

 医者や研究者が病状や治療、あるいは功名心や知的探求心にかまけてなおざりにしているヘンリエッタ・ラックスの人間性に、筆者は深い共感と忍耐強いステップバイステップのアプローチで踏み込み、自身もヒーラ細胞にまつわる一筋縄ではいかない根深い問題に、ヘンリエッタ・ラックスの子孫を奨学基金でサポートする財団を創設するなど、当事者の一人として参画していく。

 

「医は仁術なり」という大江運澤の箴言が示すのは、仁、つまり人への思い遣りや慈しみを欠き、知識欲を満たす学究や功名心、利益追求に走った医術の危険性であり、ヘンリエッタ・ラックスと遺族は「仁術ならざる医」から実害を被った最たる例といえる。

 

 ヘンリエッタ・ラックスの人生の軌跡を彼女の家族と二人三脚で渾身を傾け掘り下げていく筆者の体当たりの取材と執筆を通じて、病み傷つき苦しむ一個の人間を治療する、包括的な医療の理想的な在り方、そのおぼろげな輪郭が浮かび上がり、希望の光がわずかに差し込む。

 

 文句なしの仁を備えた医術が確立し、世界中の誰もがその恩恵に与るのは遠い未来の話だろうが、ヘンリエッタ・ラックスの子宮頸癌細胞がその節目に立ち会うのは間違いなく、その輝かしい瞬間こそ、名声でも金銭でもない、彼女の強いられた不死に相応しい真の報いになるだろう。

 

 

 

 

HELLO WORLD

 

HELLO WORLD

HELLO WORLD

  • 発売日: 2020/04/08
  • メディア: Prime Video
 

  ヒロインの肉付きに強いこだわりを感じる青春SFアニメーション映画。

 

 CGなので、どうしてもセルアニメと比べると動きがぎこちないが、静止画に限って言えばセルアニメと比べても遜色ない。

 

 CGが苦手とする人体の柔らかさの表現は秀逸で、ヒロインの造形に至っては、製作者の強いこだわりを感じる、刺さる人には刺さる肉々しい肉付きの肉感が見事に描写され、感動すら覚える。

 

 優柔不断で奥手だが情緒豊かで心優しい文学少年が、愛するヒロインを襲った悲劇を境に、目的のためならば手段を選ばない冷徹な理系青年に豹変してしまう、一途な想いが不器用な主人公にもたらしたドラスティックな変貌に胸が痛む。

 

 ラストは八方丸く収まる大団円で後味はすっきり。

 

 厳密な科学考証を思春期特有の暑苦しいまでの情熱で覆す展開が清々しい。

145参る 一本杉稲荷社


f:id:hyakusyou100job:20210503035731j:image
f:id:hyakusyou100job:20210503035719j:image
f:id:hyakusyou100job:20210503035726j:image

長瀞の岩畳のお土産屋界隈の入口付近に鎮座する一本杉稲荷社で145度目のお百度参りを行う。

 

真っ赤な鳥居とお社、そして御神木にあたる杉の木という衆目を惹くキャラ付けで、小作りながらも強烈な存在感を放つ。

 

ドラマチックな由緒書きの追い打ちは、キャラ付けのオーバーキルで、ご神徳でお腹がはちきれる。

ギャングバスターズ

 

ギャングバスターズ (字幕版)

ギャングバスターズ (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 悪徳警官子飼いの極め付きの凶状持ち三兄弟が、紆余曲折を経て、わが身を顧みず障碍者の少年をギャングの魔の手から救い出す、B級っぽいのに結末はなぜかハートウォーミングなアクション映画。

 

筋骨隆々で銃をあいさつ代わりにバンバンぶっぱなし、小遣い稼ぎのお遣い感覚で人を殺す危険なチンピラの模範のような三兄弟が、車いすからほとんど動けない重度の身体障碍者である少年を命懸けで守るという、ともすれば人物設定の破綻に興ざめするストーリーが、アクション映画の怒涛の勢いと絶妙に調和した丁寧な心理描写によって説得力を持って描かれ、違和感なく視聴者の涙腺を緩ませる。

 

これ以上なく暴力的で強靭で、弱者を恣に蹂躙する刹那的な生活に何の疑問も持たない三兄弟が、これ以上なく非力で依存的な正反対の存在である障碍者の少年に過剰なまでに感情移入し、多勢を誇る凶悪なギャングを向こうに回して命懸けで守る覚悟を決める理由は、三兄弟と少年が、他人の都合に人生を支配される境遇に閉じ込められているという点で、まったくの同類だからだ。

 

一見自由奔放で享楽的な三兄弟だが、身寄りのない幼少期の彼らを拾った悪徳警官から汚れ仕事を委託され細々と食いつなぐ都合のいい手駒以上の何者でもなく、それ以外の人生の在り方を想像すらできない窮屈な奴隷状態にあり、やるせない鬱積を抱えている。

 

積み重ねた悪行と次々に舞い込む危険な任務から逃れられない人生は、ろくでもない末路に向かって勢いを増して驀進しているのが明白なのだが、その運命に抗う三兄弟の意志は暴力で充溢した自堕落な暮らしですっかり萎えており、彼らはただただ破滅へ向かう日々を酒とドンパチで誤魔化しながら空費する生活に甘んじている。

 

莫大な遺産を狙うギャングになすすべなく監禁される少年の境遇は、三兄弟の目には、自分たちが身を置く八方塞がりの境遇の同工異曲に映る。

 

三兄弟が誇る暴力は、同時に彼らを悪徳警官の奴隷状態に貶め拘束する忌まわしい呪縛でもあるが、少年の救出は、彼らの暴力に、ひいては暴力に染まった彼らの半生に、初めて正当な意義を与える。

 

障碍者の少年を四人目の兄弟になぞらえるシーンやセリフの数々には、マンガみたいに現実離れしたビジュアルとキャラ付けの悪党同士が欲望のままに殺しあうアクション映画とは不釣り合いな繊細で複雑な万感の想いが詰まっており、不意に切ない気持ちを喚起する。

 

他人を傷つけるどころか自分の人生まで狂わせる暴力が、同工異曲の不遇にある他の誰かを救う有意義な力として活躍し、廻り廻って逆説的な自己救済へ反転するパラダイムシフトのカタルシスを、銃声と阿鼻叫喚をBGMに味わえるなかなか類を見ない作風の映画。

 

 障碍者の少年が、自身を危機的境遇に追いやった元凶である莫大な資産を使い、逆に三兄弟に更生の道を拓くラストシーンは、少年もまた三兄弟同様の経緯を経て自己を救済したことを示し、すっきりした余韻で物語は後味よく幕を閉じる。

 

しっぽの先まで行き届いた作りこみに大満足。

 

 

 

TCL 10 Pro

スマホを買い替える。

 

評判通りの指紋認証の精度とシャッター音。

 

有機ELディスプレイがきれい。

 

グーグルアプリがやたら落ちるのはなぜなのか。

長瀞 岩畳


f:id:hyakusyou100job:20210430074539j:image
f:id:hyakusyou100job:20210430074634j:image
密を避けて長瀞の岩畳を訪れる。

 

ブラタモリで放送していた地質学的に貴重な地形であるポットホールを探して見たが、TVで見たものとはどこか違う気がする。

 

水が溜まってるからか、写し方か、それともそもそも場所が違うのかモヤモヤするが、探索の過程は軽いトレッキングとしていい運動になった。

アニマ

愛する妻を胎内の子供諸共虐殺された男の、凶暴な殺人者を追う放浪の旅路と心の変遷を、通りすがる数多の生命(アニマ)の多様な視点と心の反応が子細に点描する。

 

グローバル化に必然に付随する、人種や民族、国籍、宗教や文化の衝突や分断といったネガティブな化学反応の虐待と略奪を受け、伝統的な共同体と断絶し、不安定で混乱した孤立を強いられるマイノリティたちの、重々しい苦悩が本作の基調をなしている。

 

相違の否定や弾圧ではなく、多様性の理解や許容で社会を豊かに改善する相乗効果を得る、いわゆるダイバーシティ思想の社会への積極的導入が声高に喧伝されている。

 

その風潮に乗って多様性を安易に賛美する作品も少なくない。

 

それはそれで素晴らしい価値観だが、素晴らしいがゆえに魅了され傾倒すると、皮肉にも、世界における多様性の在り様、その多様性を狭めてしまう罠にもなりかねない。

 

本作の特筆すべき表現上の特徴は、数多の動物たちが一人の男の動向を描写する、目まぐるしいまでの三人称視点だ。

 

同じ対象でも観察者によって認識は異なる。

 

似たような形質を持つ人間でも、一人ひとりの世界の認識は全くと言っていいほど別物となる。

 

これが、まったく異なる形質を持つ異種の動物となると、認識の差異も甚だしくなるのは想像に難くない。

 

家猫からすれば餌と愛撫をもたらす同居人が、肉牛からすれば命を奪い死肉を貪る略奪者になったり、遥か高空を舞う猛禽からすれば地表を右往左往する小さな点になったりする。

 

動物たちによる男の動向の描写に婉曲な言い回しが多く含まれるのは、動物界には存在しない人間界の概念を、動物界に存在する概念で説明しようとする苦肉の翻訳の結果だ。

 

動物たちの知覚には、人間の行動の大半は無意味で不可解で珍妙で滑稽に映るが、それをもって人間同士の差異にまつわる諸問題を俯瞰して単純な相対化の枠にはめ、矮小化してシニカルに自嘲する、という主旨の作品ではない。

 

種族の違いに起因する認識の極端な相違を強調する婉曲な言い回しの一方で、動物たちは、人間同士では為しえない恐ろしい深度と精度で主人公の心情、あるいは魂と呼ぶべき総体的な本質の核心に触れ、著しい共感や反感、好意や敵意、愛情や憎悪を抱く。

 

どうしようもなく理解できない部分と、どうしようもなく理解できてしまう部分が、それぞれの生命(アニマ)の中で共存している。

 

それは量子論的重ね合わせにある斥力と引力であり、隔絶と融和である。

 

異なっているのに同じであることが矛盾せず成立する、生命(アニマ)の不思議がそこにある。

 

この生命(アニマ)の性質は、一個の生物の中だけでなく、他者との関係性の中でもたびたび立ち現われ、本作を貫く重要なテーマとなっている。

 

主人公が殺人者を追う動機も、単純な復讐や憎悪ではなく、自分と殺人者を混同する奇妙な錯乱状態の解消を求める探求心にあり、そこには、妻と子を虐殺した加害者と被害者である主人公との絶対の隔絶を貫通して二者を連結する、にわかには理解しがたい根源的な共感がある。

 

また、主人公の人生を破壊し命をも脅かす殺人者の凶暴性が、対決と、引き続いて起こる超常の邂逅を経て主人公に転移し、忘却の底に封じた残酷な過去と対峙する断固たる勇気として定着するという、不倶戴天の仇が主人公の人生を補完する相補関係を成している。

 

光と影が対立しながらも互いの存在に欠かせない要素であるように、生命(アニマ)の中の多様性と同一性も互いの存在に欠かせない。

 

動物たちの人間とは大きく異なった多様な視点が、異種同士を分かちがたく結び付ける同一性を対照的に強調する舞台装置として効果的に機能すると同時に、主人公が自己の本性を探求する助けとなるインディアンの祖霊信仰の世界観を読者がより分かりやすく理解する親切な注釈にもなっている。

 

理性に頼って多様性に翻弄される世界を安定化する新奇な方策をゼロから築くのも一つの道だが、生命(アニマ)に古来より内在する同一性の力を活用し、多様性がもたらす混乱と散逸から抜け出て統合と融和へ至る道を、主人公の苦難の遍歴は力強く指し示す。

 

衝突と分断が生む多様性の荒波に揉まれ、今なおその渦中で一流の表現者として国境を越えて活躍する著者自身の実感が本作に付与する説得力は重厚で生々しい。

 

余談だが、メイスン=ディクスン・ラインの顔が想像より100倍怖い。