ざっくり雑記

ざっくりとした雑記です

一流知識人全力プレゼン×100(以上) 本『2000年間で最大の発明は何か』

概要

「2000年間で最大の発明は何か」という単純ながら興味深いネット上の問いに寄せられた、数多の名答・珍答の中から、選りすぐりの100強の回答とその理由を紹介し、西暦2000年に渡る人類史の総括を発明の観点から試みる。

 

印刷機無双

いわゆる知識人たちに知的総力を動員した持論を開陳させ、灼熱した議論を戦わせる「2000年間で最大の発明は何か」という問いの魅力は、名だたる英雄を惑わしトロイア戦争の火種となった伝説の美女・ヘレネの魔的な魅力を彷彿とさせる。

 

ヘレネ級の良問という誘蛾灯に引き寄せられた知識人たちの「知」で「知」を洗う競演はすこぶる読みごたえがあり、ともすれば回答一つを咀嚼するだけでも脳が疲労困憊する。

 

この質問は「エッジ(前縁)」と銘打ったサイトに登録した会員に、2000年紀が終わりに差し掛かる1998年11月に投げかけられた。

 

知のエッジ(前縁)に集結した各界一流の科学者や技術者が、同業の手厳しい批評や喧々諤々の争論を重々承知の上で寄せた回答の精選だけあって、どれをとっても独創性とユーモアに溢れ、理論武装は堅牢強固で隙が無い。

 

一方で、回答や理由に挙がる「最大の発明」候補はある程度絞られてくる。

 

大方の回答者が「グーテンベルク印刷機」に言及しているのは、現代で評価される知識人の知識というものが、言語というプラットフォームに依存した狭義の知識に偏っており、その言語情報の普及に多大な貢献を果たした印刷機の価値を大きめに見積もる傾向があるからだろう。

 

その引っ張りだこの引用ぶりを見るにつけ、印刷機無双と評したくなる。

 

知識人である以上、知のカンブリア爆発の立役者であるグーテンベルク印刷機を避けて通ることはできず、そこを終着点として万人受けする持論をまとめるか、あるいはそこを出発点として独特の持論を展開する、という回答の形式は、この質問に対するスタンダードな正攻法となっている。

 

読んだ印象では、印刷機の次点でコンピュータやピルという回答が挙がっている。

 

コンピュータは知の能率と可能性を劇的に拡張するという点で印刷機の親類であり、やはり知識人を標榜するならば避けて通れない発明だが、ピルは意外だった。

 

が、これも理由を読めば合点がいく。

 

ピルは人類のおよそ半分を占める女性にバースコントロール権をもたらし、生涯における活動の自由度を劇的に高め、オーバーに言えば、人類の知的生産性を倍加した。

 

その点で、ピルは印刷機やコンピュータに負けず劣らず人類の知的資産の充実に貢献している。

 

全力プレゼン

数だけ見れば印刷機やコンピュータやピルに軍配が上がりそうだが、科学や技術で結論を導くのは、多数決ではなく理論の正しさである。

 

少数意見にも、ともすれば印刷機やコンピュータやピルを凌駕する説得力がある。

 

その説得力の源は、回答者の強力なプレゼン能力にある。

 

プレゼンテーションには様々な要素が含まれるが、情報と言語は欠かせない。

 

知識人にとって、情報と言語は商売道具であり、一方で数少ない拠り所でもある。

 

そして議論というものは、知識人の商売道具にして数少ない拠り所を武器にして鎬を削る戦場である。

 

その戦場における敗北は、知識人のアイデンティティや、ともすれば生活を危うくしかねない、文字通りの死活問題となる。

 

大多数の非・知識人にとっては雑談の話題に過ぎない「2000年間で最大の発明は何か」という質問を題材にしたこの愉快な催しも、知識人にとっては些細なミスや気の緩みがアイデンティティの存亡にかかわる真剣勝負となる。

 

いきおい、ひとかどの知識人であればあるほど、凡そ質問に対しては、不退転の決意を以て臨む懸命の全力プレゼンで応えることになる。

 

そんな全身全霊の投入を余儀なくされる真剣勝負など避けて通ればいいものだが、曲がりなりにも知識人を名乗る以上、そうは問屋が卸さない。

 

中世の騎士たちが、己の武勇を世間に知らしめるために命を懸けて文字通りの戦場を駆けずり回らねばならなかったように、知識人たちは議論の場を通じて己の知性の価値を証明し続けなければならず、いわば知の自転車操業に囚われているのだ。

 

そんな知の自転車操業に汲々とする一流知識人が、職業人生を懸けた選りすぐりの全力プレゼンを100(以上)もぎゅうぎゅうに詰め込んだ本書は、バリエーション豊かな知のアラカルトを胃袋が破裂するまで満喫できる、贅沢極まりない内容の一冊となっている。

 

とんち

問われれば答えを思い浮かべるのは、知識人に限らない人類共通の反応だ。

 

本書の読者も、否応なく自分なりの「2000年間で最大の発明は何か」という質問に対する答えを反射的に思い浮かべるだろう。

 

私もその例に漏れず考えてみたが、本書の優れた回答群に圧倒された後では、どんな回答もひどく見劣りがして自信喪失に陥る。

 

相手は頭の中身だけで生計を立て社会的地位を確立している知の巨人族なのだから、知の虫けらたる私に、真っ向勝負で歯が立つ道理はない。

 

とはいえ、自信喪失したまま本を棚に戻すのも癪なので、卑怯を承知で、ここはとんちを利かせてお茶を濁し、自信の挽回を図る。

 

というわけで、苦心の末にひねり出した私の回答は「西暦」だ。

 

理由は以下の通り。

 

「2000年間で最大の発明は何か」という問いの「2000年」とは西暦2000年を指し、これはこの問いの枠組みとなっている。

 

そして「最大の発明は何か」の部分は、発明の「大きさ」を問いている。

 

問いを読み換えれば、「西暦2000年間という枠組みの中で、最も大きい発明は何か」となる。

 

枠組みより大きな中身は無く、枠組みの大きさ=発明の最大値となる。

 

西暦は紛れもなく人類が発明した恣意的な時間区分であるから、この質問が指す「最大の発明」に当てはまるだろう。

 

……書いていて、こんな面白みのない負け惜しみは、とんちではなくただの屁理屈だと気付いた。

 

矮小な自我を守ろうと、無い知恵を必死に振り絞った結果がこれでは、自信どころか自尊心すら喪い、もはや立ち直れる気がしない。

 

次の2000年間の間に、喪った自信と自尊心を取り戻す発明が成されることを切に願い、深い鬱屈を抱えたまま、観念して本を棚に戻す。

 

 

 

 

 

 

155参る 初詣

f:id:hyakusyou100job:20220118183544j:image

f:id:hyakusyou100job:20220118183555j:image

遅まきながら初詣&155thお百度参り。

 

住宅街の狭小な一角に設けられたコンパクトな神社をたまたま見つけ、手堅くまとまった小綺麗な佇まいに惹かれて参拝を決定。

 

限られたスペースを有効活用するために、参道を90度曲げたり、余ったスペースを花壇や菜園にするなど、随所に工夫が見られる。

 

そのままポケットに入れてどこかへ持っていけそうな、不思議なポータビリティに溢れた異空間は、ウォークマンやノートパソコンなど、携帯ガジェットの最盛期に青春を過ごした昭和生まれのアラフォーの胸をときめかせずにはいられない。

 

狭いながらも腰を落ち着けるベンチが置かれ、斜路と階段には手すりも添えられており、様々な人の参拝スタイルを想定した配慮が、所狭しと行き届いている。

 

デザインした人間の繊細な優しさがありありとうかがえる。

 

広大な境内と豪華絢爛な造形を誇る由緒正しい神社はもちろん素晴らしいが、このような小さいながらも隅々まで神経の行き届いた神社も、そこに込められた敬虔な信仰心という点では遜色が無い。

 

他の参拝者に気を遣わず一人静かに参拝できるので、神様を独り占めできる分、むしろ贅沢といえる。

 

この素敵な神社に偶然行き当たるまで初詣を先延ばしにしていたのは、結果として良い判断だった。

 

遅ればせながら、令和4年は幸先のいいスタートが切れてほっと一安心。

屁理屈はないが 本『屁理屈なし 社長のための時間の使い方 改訂版』

 

概要

時間管理を主軸に、経営者のビジネスの質を劇的に改善するノウハウを分かりやすく解説する。

 

屁理屈はないが

数あるビジネス系の自己啓発本の中でも、経営者の時間管理について的を絞っている。

 

主張は単純明快かつ率直で、時に過激だが、筋は通っていてスムーズに腹落ちする。

 

成功する経営者が備えるべき心構えを説き、具体的な方策を分かりやすく説明する。

 

表題で冠する「屁理屈なし」の看板に偽りはなく、どのノウハウも、実際に優れた経営者である著者の成功体験に基づいており、理屈倒れの空理は一切ない。

 

が、この著者、話が長い。

 

「屁理屈なし」を豪語するだけに、要点だけをズバズバ簡潔に述べる小気味いい読み味を勝手に期待していた。

 

実際は、要領を得ない例え話と、どうでもいいディテールがやたら細かい体験談がいたるところに挿入され、読んでいて非常にテンポが悪い。

 

抽象的なノウハウの理解を助けるために、具体例を添えるのは非常に効果的な解説手法の定番だが、何事にも適切な分量というものがあり、本書の場合はそれがやや過剰なきらいがある。

 

本のデザインは良く、表紙のイラストはコミカルな割に落ち着いており、表紙を含めた用紙の質感は適度に手に馴染み、文面のフォントや見出しは寂しくならない程度に余裕をもって配置され、本としては大判なサイズもあって読みやすい。

 

ただ、話が長い。

 

経営者の時間の大切さをテーマにしているのに、余計な挿話で読者の時間を奪う矛盾した構成には戸惑いを禁じ得ない。

 

この著者は、似たようなビジネス系自己啓発本を何冊も発行しており、冊数の頭数を稼ぐために、それぞれの本の分量を水増しする悪質な誤魔化しなのかと邪推が頭をもたげるが、趣向を凝らした挿話の文体から受ける印象は無邪気そのものであり、著者からすれば、どの挿話も必要最低限にして欠くべからざる、重要なエピソード以外の何物でもないようだ。

 

ビジネスに関しては一分一秒を惜しむ怜悧冷徹を自認する優秀な経営者が、一方で、話が不必要に長いという凡庸な欠点を持つというギャップのお陰で、ともすれば残酷な真理の羅列に辟易しそうになる本書の印象がだいぶ和らいでいるのは、意図的な演出なのだろうか?

 

本書に興味が湧いた方は、下のリンクから楽天に飛べます。

↓↓↓

 

混ぜるな危険 本『ショック・ドクトリン』

 

概要

戦争や政変、災害、あるいは強権的な独裁政権による圧制といった惨事で、大規模なショック状態に陥った人心の虚を衝き隙に乗じて、国民に帰すべき国家の富を掠め取り、庶民に損失を押し付け一部の特権階級や富裕層、多国籍企業が私腹を肥やす、際限のない格差拡大を助長する経済システムの導入を強制する経済戦略、「ショック・ドクトリン(惨事便乗型資本主義)」の凄惨な実態を告発する。

 

混ぜるな危険

世の中には混ぜると危険なものがある。

 

例えば塩素タイプと酸性タイプの洗剤を混ぜれば塩素ガスが発生して中毒になる危険がある。

 

例えば天ぷらとスイカ食べ合わせが悪くて消化不良になる危険がある(と言われている)。

 

このような危険な組み合わせは世の中に無数にあるが、その「混ぜるな危険」ランキングに議論の余地なくランクインするであろう組み合わせこそ、本書が最大音量で警鐘を鳴らす、ショック療法と自由放任主義経済だ。

 

ショック療法とは、カナダの精神科医、ユーイン・キャメロンが提唱し、実際の患者に施された精神疾患の治療法だ。

 

精神病患者に「ショック」を与え、患者の「古い病的な行動様式(パターン)を破壊」して退行した「白紙状態」に戻し、望ましい人格を刷り込むというのがその原理だ。

 

キャメロンの与えた「ショック」には、以下のようなものがある。

 

標準を遙かに超える頻度と回数(30日に渡り計360回以上)の電気ショック療法(ECT)、中枢神経刺激剤や鎮静剤・幻覚剤投与による見当識の混乱、隔離室への幽閉と身体拘束による感覚遮断、長時間の強制睡眠(長ければ65日にも及ぶ)などだ。

 

キャメロンが患者に施したこれらの「ショック」のレパートリーが、拷問となんら変わりない虐待であることは、医学の門外漢でも容易に理解できる。

 

「ショック」によって患者が陥った「白紙状態」の具体的描写の一部を以下に引用する。

 

たとえば第二言語が話せなくなったり、自分の結婚歴も忘れてしまうなど。さらに進んだ形として、支えがなければ歩けない、自分で食事ができない、大小便の失禁などがある。(本文より抜粋)

 

痛ましい幼児退行に陥った患者に、望ましい人格を刷り込み、治療は完了する。

 

その刷り込みの方法は以下のようなものだ。

 

「あなたは良い母親であり妻で、皆あなたと一緒にいることを楽しいと思っています」などという録音テープを繰り返し聞かせることだった。(本文より抜粋)

 

一日十六~二十時間、何週間にもわたってただテープを聞き続ける。中には一〇一日間連続でテープを聞かされる患者もいた。(本文より抜粋)

 

怪しげな睡眠学習法そのものだが、それもそのはず、このアイディアの元は「セレブロフォン」という睡眠学習機器の広告だった。

 

虐待そのものの「ショック」で、歩くことも用便もままならないまでに幼児退行した患者に、睡眠学習じみたテープを何百時間も聞かせて、「良い母親であり妻」に戻ったのか?

 

そんなわけはない。

 

キャメロンの「ショック療法」の結果、精神病患者は、人格が荒れ果てた廃人になっただけだった。

 

ショック療法とはつまり、稚拙で浅墓な希望的観測に導かれた的外れな原理に基づく、効果が無いどころか大いに有害な影響を患者に及ぼし以後の人生を台無しにする、明らかな大失敗なのである。

 

自由放任主義経済も、大失敗という点でショック療法に通ずる。

 

自由放任主義経済とは、あらゆる規制が撤廃された野放図な経済システムだ。

 

自由放任主義経済の信奉者が掲げるドグマを以下に引用する。

 

生態系がそれ自身の力でバランスを保っているように、市場もまたそのままにしておけば、生産される商品の数も、その価格も、それを生産する労働者の賃金も適正になり、十分な雇用と限りない創造性、そしてゼロインフレというまさに地上の楽園が出現する(本文より抜粋)

 

価格統制も関税も参入障壁も雇用調整も公共事業も公共福祉もセーフティネットも無い、全き自由こそが経済を健全化するというのが自由放任主義者の主張だ。

 

経済面に於ける無政府主義である。

 

オチから言えば、自由放任主義経済の試みは、ことごとく無残な失敗に終わった。

 

この失敗は、「シカゴ学派」を自称する、ミルトン・フリードマン率いるシカゴ大学経済学部の関係者たちが失敗を認めなかったことで、更に深刻な失敗として、多くの人々の生活にいまだ癒えぬ深い傷を刻んだ。

 

そもそも、自由放任経済に暴走がつきものだったからこそ、様々な規制がボトムアップ式に生み出され定番の政策として組み込まれたというのに、その歴史的経緯を無視した浮世離れした机上の空論を、複雑で雑然とした条件下で展開する現実の経済システムに無修正で適用したのが、大いなる過ちだった。

 

言ってみれば、自由放任主義経済は、アダム・スミスの「見えざる手」の焼き直し、どころか二番煎じであり、200年以上も前に一個人が提唱したエビデンスの薄弱な、人の善性に全面的に依拠する楽観論の劣化コピーに過ぎない。

 

この二つの理論は、それぞれを単独で評価するならば、歴史に淘汰されてきたその他大勢の失敗の一つに過ぎず、それなりの損害は生じても、早々にその過ちに気が付き、燃え広がる前に消化されるボヤ程度の失策で終わるはずだった。

 

だが、捨てる神あれば拾う神あり。

 

この二つの理論に活用の場を見出した連中がいた。

 

だがこの場合、拾った神は、神は神でも疫病神だった。

 

失敗というものは、ある面から見た価値であって、別の面から見れば成功にもなりうる。

 

ショック療法は精神疾患の治療法としては落第点だが、人格を破壊する拷問、あるいは思考能力を奪い意のままに操る洗脳の下地を作る手法としては、これ以上ない方法だった。

 

一方、自由放任主義経済は、経済活動の暴走を招き、貧富の格差を拡大するが、それと引き換えに、ごく一部の特権階級や富裕層に更に莫大な富をもたらす絶好の機会を提供する。

 

つまり、本来意図した用法ではないものの、ごくごく限られた受益者にとっては、これ以上なく有益な手法なのだ。

 

だが、どれほど(一部の人間にとって)有益な手法といえど、それぞれ単体では物の役には立たない。

 

ショック療法(もはや療法ではないが)による拷問や洗脳の下地作りは、倫理観が進歩した現代では、人権を侵害する到底許されない犯罪行為だ。

 

そして、ごく一部の人間が得をするが、その他大勢が致命的な大損を被る格差社会を助長する自由放任主義経済を、民主主義が曲がりなりにも普及しつつある現代社会で受け入れる共同体などあるはずがない。

 

そのはずだった。

 

この二つの理論が出会うまでは。

 

ショック療法と自由放任主義経済は最悪の相乗効果を発揮する。

 

鬼に金棒が可愛いレベルの最悪の相乗効果だ。

 

民主主義は理性の産物である。

 

ゆえに、理性が停止すれば途端に機能不全を来す。

 

自由放任主義経済をある共同体に導入するためには、民主主義の無力化が必須だ。

 

そこでショック療法の登場となる。

 

政変や軍事クーデターなどによる治安の悪化、台風や地震津波や疫病といった自然災害の「ショック」は、人心を混乱に陥れ、理性を一時的にマヒさせ、民主主義の力を著しく減退させる。

 

この共同体レベルの幼児退行に付け込み、自由放任主義経済を速やかに確立する経済戦略こそが、ショック・ドクトリン(惨事便乗型資本主義)だ。

 

平たくいえば、国家規模の火事場泥棒である。

 

そしてこの火事場泥棒は、時に放火魔も兼ねる。

 

この火事場泥棒の極めて質の悪いところは、消防士を装って現場に駆け付け、被害者を助けるふりをしてまんまと略奪をやりおおせる狡猾さにある。

 

一例として、イラク戦争の復興事業がある。

 

莫大な税金を投入した復興事業は、ほとんど実効性がないまま終わり、後の残されたのは戦火で荒廃したイラクの大地と社会と焼け出された失業者の群れ、そして業績と株価を大きく伸ばした復興事業請負業者だった。

 

国民が結集した血税がごく一部の企業に流入し、その株を有する政治の有力者を潤す。

 

公共の利益に還元されるべき税金が、一部の私企業や税金の使途を決定する政治家に収奪される構造は、平時ではただちに糾弾される明らかな背信行為だが、戦争という危機的状況の混乱で冷静な理性を失い機能不全に陥った民主主義は、このようなあからさまな横領犯罪を防ぐだけの力すら失うのだ。

 

強欲に突き動かされる火事場泥棒が、次なる猟場となる火事を探し求めるうちに、自ら火事を起こす放火に手を染めるのは自然な成り行きだ。

 

耐えきれない邪悪、そして希望

実のところ、だいぶ前に本書を読んではいた。

 

だがその時は、上巻の半ばまで読み進んだところで読むをのやめてしまった。

 

ショック・ドクトリンのあまりの醜さと邪悪さに胸糞が悪くなり、耐えきれなくなったからだ。

 

現今、日本を含めた世界は疫病の災禍の渦中にある。

 

局所の政変や戦争、災害とは比べ物にならない規模の「ショック」が世界を襲っている今は、ショック・ドクトリンの信奉者にとって、またとない好機だ。

 

ここで改めてショック・ドクトリンの概要を把握し、訪れるかもしれない二次的人災に備えるべく、再び本書を手に取り、今度は読了した。

 

結果、読み切ってよかった。

 

以前本書を途中で閉じた自分は短慮だった。

 

本書には、ショック・ドクトリンの実例が山ほど紹介され、その経済的・倫理的問題点に対する明晰な批判が展開されるが、酸鼻を極める被害の羅列の最後に、ショック・ドクトリンに対抗する民主的勢力の巻き返しを取り上げた章があてがわれ、絶望ではなく希望で締めくくられている。

 

自らの身を滅ぼしかねない強欲は人間の本性だが、一方で、身を滅ぼす前に自戒する克己の精神も人間の本性だ。

 

一時、世界を席巻しかけたショック・ドクトリンだが、やがて世界は免疫を獲得し、ショック・ドクトリンの邪悪な侵攻を効果的に食い止められるようになってきている。

 

恐らく、現今の疫病の蔓延のショックに付け込み、人々の苦しみを助長することを承知で、この混乱から不当な利益を得ているショック・ドクトリンの信奉者がいるはずだ。

 

感染症蔓延に伴う経済的困窮者が増えているのに、実態経済を無視して、高値を更新し続ける日本やアメリカの株価の不可思議な動向がそれを物語っている。

 

ショック・ドクトリンはまだまだ勢力を保っており、疫病に加担して災禍を拡大する人類の裏切り者を駆り立てる動因として十二分に警戒せねばならない恐ろしい大敵だが、それでも人類には、「ショック」を乗り越える潜在能力があることを、本書は示してくれる。

遂に……!

f:id:hyakusyou100job:20220101193352j:image

以前より個人的に一押ししていたドイツ菓子、クラッフェン(クラップフェン)が、遂に大手コンビニのLAWSONのラインナップに加わった。

 

行きつけのベーカリーのものと比べると甘さ控えめで優しい味付け。

 

ドーナツっぽいのに糖質は約20グラムと、比較的低めに抑えられていてヘルシー。

 

第2のタピオカ、第2のマリトッツォになるか?